FC2ブログ
東方厨ときどき化学厨の垂れ流し。

注意:星蓮船ネタバレあります。あります。
光工事したけどプロバイダとの契約更新どうやんのこれ。
プロバイダによっては更新しなくてもいけるらしいけど…
○CNは更新いりそうだなぁ…
スポンサーサイト



とりあえず今日は今まで出た結果を教授に報告して今後の実験計画の指針をいただくことに。
が…うはwwww夢だけがひろがりんぐwwww
とりあえずなんか聞いたそばから無理っぽい提案とかをいただいた。

漏れのホストはそんなに限定空間じゃないんです。
右から左によく抜けるんです。
まぁ、提案をもらった以上は一応やるんだけど。

現在取り込み中のゲストは意外とホスト内に入っている時間割合が高めっぽい。
いい感じ。
もちろん右から左には抜けるけど。

そろそろ配位子が足りない予感。

アミンとトシラートでSN2。
…が、うまくいかない。何故だ。
どういうわけかエーテル結合がぶっちぎれてる。GC/MSで。
が、NMRとTLCでは見えないのでGCで出ない主生成物の影に隠れた
微量副生成物が見えただけかしら。
どっちにしろ主生成物が特定できない。
分液振っても何にも出てこない。
ジアミンだから水に行った可能性もなくはないが…
とりあえず水にもクロホにも溶けない白濁成分があるっぽい。が詳細不明。
TLCでは原点にスポットがあるのみ。MALDI出ない。
原理的にはそんなに汚い反応ではないと思うんだけどなぁ…。
とりあえず若干条件を変えてもう1回。

錯形成とゲスト取り込み。
ゲストのピークが一応シフトしてはいるんだが、
DOSYを見る限り取り込まれてるというよりはたまに入ってるだけというイメージ?
ゲスト濃度変えたりしたらシフト変わんのかな。
どうも錯形成メインになってくると基本的に待ちなのでヒマ。
「どうせ入らないだろ」とか思いつつ今日もゲストを放り込む。
1eqが量り取れないのでどうしても3-5eqぐらい入ってしまう。
つーか1eqのゲストなんか入れてもNMRで見えん。

常に何かを合成していないと不安になる。
というかはっきり言って錯形成とかやる気しない。
合成だけして研究生活を送れたらどれだけ気楽なことか。
昨日は午前セミナー。基本的に寝て過ごす。

セミナー終了後アキバへ。
光導入のためルータとハブとLANケーブルを購入。
折角なのでヨドバシに行ってみる。広すぎてわけわからん。
サタパを買い足そうと思ったがゲームパッド売り場がわからなくて断念。

それから駒場へ転進。
…部室にはVX師しかいない…ああ嘆かわしい。
暫く花映塚をやってボコられていると、なおくんキタ━(゚∀゚)━!
いやぁ、まさか「な~お~く~ん」とメール送っただけで意図を汲み取ってくれるとは思ってなかったw
流石はなおくん。
途中から3人でEE。各人MediumComを1人ずつつけて3チーム。
なおくんがCom2人とVXに序盤から掘られてくそみそに。流石はなおくん。
漏れvsVXの対抗形でインペリあたりまで進んだところで誤ってWinキー押して終了orz
やっぱりなおくんが一番なおくん。
まぁ、ディスカッションというかプレゼンしたわけだが、

くそみそな結果に終わったorz

…日本語でもまともにできないもんが英語でできるわけがなかろうが。
専門用語の知識をJonesでそれなりにつけていたのが唯一の救いだったか。
今日も錯形成。
ついにDOSYが収束したので今日はMS。
目的物のピークキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい
ゲストの取り込みとかも試してみたけどゲストが複雑すぎて帰属デキネorz
ゲストが溶媒にほとんど溶けないので単独スペクトルも取りにくいし…
(まぁ積算かけまくれば出るだろうけど、DOSYは取れるかどうか…)
とりあえず1H、DOSYとも取り込まれた様子はなし。ザンネソ。

一方新規配位子合成の方はさっぱり。
片方はアセタール類似の構造なのでかなり不安定っぽい…
エーテル化はChlorobromomethaneを使うとうまくCHloromethylationできるが、
何故かDibromomethaneを使うと一気に2置換進む。
(しかもChlorobromomethaneのときはわずかにBromomethyl体が見えるのに…)
前回はChloromethylationした後アミノ化を試したが、
どういうわけかその前の反応の副生成物である2置換体がいっぱい取れるorz
まぁ現状の配位子で組むことがわかった以上この配位子の合成意義はなくなったのでもう切っちゃってもいいんだけど。

もう1方、もうちょっとステージの高いのを作ろうとしたが、
最初のMitsunobu Reactionがうまく進まない…。
何となく基質が分子内環化反応を起こしている気がしなくもない。
なんか沈んでるし。
1step増えるけどstrategy変えようかな…そっちなら問題なさそうだし。

ちなみになんか明日うちに来てる留学生の先生が来るらしくて、
そこで自分のテーマについてディスカッションせよとのこと。
もちろん英語でorz
…日本語でもできないんですけど。ボスケテ。
そう考えていた時期が、漏れにもありました…。
と、なるかもしれんけどね。
DOSYがいまいちはっきり見えないのが…積算増やすか?
CSI-MSが出れば一番完璧だが今のところそこまで収束してなさそう。
もう1回仕込んだのでそれの結果待ち。
しっかし、Metalが多い方が収束悪いってのはどうよ…orz

昨日のエーテル化は精製無しで今度はアミンをぶつける。
Dimethylamineの沸点が低い(7℃)ので滴下に加えて還流冷却。
…ってよく考えたら滴下したら4級化するんじゃまいか!まいか!
シラネ。
駒場でVX師と花映塚3hくらい。
VX師のめるぽがマジヤバイ。勝てねぇ。
数キャラで辛うじて勝った程度。つーかメディで負けたorz
代わりに山田をボコってきたが…。
いかんね、そろそろVX師との実力差がはっきりつこうとしている気配。
もっと練習せな…。
漏れは普段山田とちょこっと遊ぶ程度だしねぇ。
他のキャラの耐性となるとどうもいまいち。
それでも対めるぽはだいぶ鍛えられてる方だと思うんだが…。
つーか漏れ霊夢にテラヨワスwww
ネット対戦は光が来るまで本格参入は見送りかな…。
同じ反応を同じ条件でやって、同じworkup法で精製したのに、
取れたものの色が全然違うorz
まさか反応失敗したわけではないと思うが、
結局再結晶ではこの着色は除けないということですかそうですか。
NMRで見えない程度のゴミだから、まぁほっといてもいいと思うんだけど…
カウンター交換すると何故か色消えるし。

あー、錯形成は全然いってませんでしたorz
metalが足りなかったんかなぁ…。

あとはエーテル化とカウンター交換を1本ずつ。
カウンター交換は昨日のworkupでもやっぱり無機塩が残るっぽいのでさらに改良。
今度こそ大丈夫…だろう。たぶん。
交換後のproductがやけに結晶化しにくくてウザス。
今日は3つの反応のworkupをする。
が、珍しいことにカラムがゼロ。
全て濾過と分液操作で何とかなってしまう…。
Sonogashira couplingとかに比べれば神状態だねこれは。

カウンター交換は原料を再結晶精製していたおかげで安心して進められた。
とりあえず既存の知見に基づいてworkupする。
が…これじゃどうしたって残った無機塩入ってくるじゃん…orz
なので勝手に操作を追加して分離。たぶん。
無機塩が残っててもNMRやMSで見えないのが辛い…
残ってると割と厄介なものが入ってるのできっちり除かないといけないし。
もしこれでうまくいくなら今後は無機塩やや過剰で行ったほうがいいかも。

あとは4級化をもう1回。適当に。
エーテル化ももう1回。適当に。

さて、取れた配位子で錯形成を仕込んできたが、はてさて…


あ、ちなみにカウンター交換後の配位子は白色でした。




フルコンプ達成。
結局咲夜単に並び立つどころか比較できるキャラすら現れなかった。
昨日仕込んでいたMeIによる4級アンモニウム化のworkup。
うちの研究室では精製といえばカラムなので、こういうブツは割とやっかい。
普通の順相カラムでは当然出てこないし、
かといって極性溶媒への溶解性もあんまりよくないので逆相カラムも無理。
というわけで研究室に入ってからはじめての再結晶。
溶媒は水でいいかー、と適当にやってたが加熱すると溶ける溶ける。
あっさり精製完了。収率も悪くない。
期待してた白色じゃなかったのが残念だけど、
着色するのがどうやら仕様だということがわかっただけでもよしとする。
今日は同じのをもう1回仕込んで、あとは取れたブツのカウンター交換。
当量合わせないといろいろ厄介なのがめんどくさい。

今日先輩のMRで久しぶりに「隣接基関与」を思い出した。
アセチル保護した糖の1位の置換反応について。
BF3触媒下1位のアセトキシル基をエーテルに置き換える反応は、
α体からはα体、β体からはβ体のみしかできない、んだねぇ。
グルコース残基の場合はβ体→β体、α体→α&β。
マンノース残基の場合はα体→α体、β体→α&β。
教科書の事項が実際にお目見えするとちょっと感動する。




地味にあと1人ですよ。
今日は主にGPCを2本。

昨日カラムで分けきれなかったのをGPCにぶちこむ。
メインピークの肩にちょこんと小さいピークが乗ってたが、
「まぁ何周か回してればそのうち離れていくだろう」と思ってたら、
なんか最初の1周→2周目では離れてくれたのに、
それ以降肩に乗っかったまま全然離れてくれない…
モノが分解してるとかじゃないだろうか((;゚Д゚)ガクガクブルブル

もう1本はダメもとで打った逆相系GPC。
つーか、もうモノ壊れてるような気がする。
上司の監視がないとどうも実験量が少ない。

今日は昨日のアルキル化をworkup。
とりあえず溶媒飛ばしてAcOEt加えて濾過。
ここまでは前回と同じ…だが、なんか褐色。前よりもっと褐色。
試しにMeCNに再溶解して活性炭を加えてみる。
濾過してみると…おお、だいぶ色が薄くなってる。
というか飛ばしてみると白い固体が見えるんだが。
もっと活性炭入れれば白くなるんじゃないか、と思って再度行ったら…
モノがだいぶ減りましたとさ。黄色いのも残ってるし…orz
逆相系カラムにかけたほうがよさそうだなぁ…
カウンター交換の前にゴミは全部取っときたいし…。

あとは昨日カラムしたのを今度は中性シリカで。
昨日の二の轍は踏むまいとCHCl3/hex系から始めてみる。
…が、全然出てこない。CHCl3/MeOH2%でようやくゴミが出てくる。
あまりに遅いのでMeOH4%くらいまで上げたらようやくモノらしき黄色いバンドキター!
…モノじゃなかったしorz
モノはその黄色いバンドと一部重なってその後3時間延々出続けましたとさ。
…結局GPC頼みかよ。
でも今日ので確信。モノは無色。


帰りに建物を出たところでnakao師が自転車で走り去るのを目撃。
駒場から帰って来たところかしら。ちくしょう。



ノーベル化学賞が決定。
Olefin MetathesisのGrubbs氏他2名。
日本人の受賞は残念ながら今年もなかったが、
錯体化学に携わってる者として錯体化学からノーベル賞が出たのは嬉しい。
正直自分の携わってる錯体化学とは170°違うけど。
最近単独受賞ないねぇ…。
それだけノーベル賞をあげたい研究者が多いってことなんだろうけど。

今週は上司がセミナーなので漏れは放置状態。
悪く言えば放置プレー、よく言えば放任状態。
なので実験も割と適当にやっている。

前回シリカカラムでうまく行かなかったので今日はアルミナカラムを使ってみる。
…不純物と全部いっしょくたに出てきたorz
まぁ前回みたいに褐色になることはなかったのでよしとする。
明日もう1回中性シリカででもかけてみるか…。

あとは3級アミンのMeIによるアルキル化。
Py環共存下なので気をつけないとあっという間にアボンヌ。
まぁ求核性にはだいぶ差があるから当量さえ合わせれば…。
MeIの量が8μlとかだと何かホントに大丈夫かという感じだが…。
トリチル基でPy環を保護する方法があるらしいんだけど、扱いやすさはどうなんだろう。

なおくん。




あと、工学部COE国際会議についてねじから要望が出たようなので手短に。
Lehn先生の講演は、超分子化学の基礎的な考え方(Majority Ruleとか)、
およびそれを利用した分子のデザインの基本的な考え方について。
多点水素結合を利用した水素結合ポリマーのデザインとか。
それとDynamicなPolymer、「Dynamer」について。
アルデヒドとアミンの間のイミン生成と加水分解の平衡の中で組みあがっていくポリイミンのお話。

Lehn先生に質問したキ○ガイだけど、
「素粒子の自己組織化とかはできるんですか」…
Lehn先生の話のどこをどう聞いたらそんな質問がひねり出せるんだか。
しかも最初は片言の英語で喋ってたけど突然開き直って「日本語でいいですか」…
教授もLehn先生に伝えるのをためらう…(当たり前)。
結局うやむやにして終了。
後でその人の所属(名札に書いてる)をチェックしたら、
「UCLA」と書いてあったとか…。
…英語もロクに喋れないのに?w

うちの教授が早速B4の研究結果をスライドで出していた…(漏れではない)
が、その取り上げられてたB4は今回の準備に全く非協力的なのに…とちょっと不満。
(隠されてるということはそれだけ重要と思われてるのか…とよい方に解釈。)

部室逝ってVX師と花映塚3h。
平均生存時間が伸びているようで、やってない割に上達はしているようだ。
キャラの力関係はだいぶ固定化してきた感じ。
めるぽとてぬが割と上位を窺うかどうかというふいんきも?あとリリカとか。
どんな相手にも結構抵抗する。まぁ結局勝てないことが多いけど。

とりあえずVX師の山田の相手をするのが一番楽しいね。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Leibstandarte Adolf Hitler戦況報告 all rights reserved.
プロフィール

LAH

  • Author:LAH
  • T大学某研究室のD2。
    専攻は超分子・錯体化学。
    mixi

    気の迷い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク